在宅医療

高齢化が進む昨今、在宅医療のニーズはますます高まっています。ドリーム薬局では、医師、訪問看護師、施設スタッフやケアマネージャーと連携し、患者さまのご自宅や各種高齢者施設(特養・グループホーム・有料老人ホームなど)を訪問、お薬のお渡しを通して、薬剤管理、お薬に関するご説明や相談に応じて入居者様それぞれの形態に応じたサービスを提供いたしております。

在宅医療の見取り図

ご自宅への在宅医療業務では直接、薬剤師がお薬をご自宅へお届けして、正しい服用方法や服用状況の確認、副作用のチェックなど、より健康で質の高い在宅療養が行えるようサポートし、必要に応じてお聞きした内容を医師やケアマネージャーへの報告などにより連携を図ります。 薬剤師が訪問することで、患者さまの生活環境や服薬状況、残薬などを正確に把握することができ、患者様・ご家族様の負担や不安が少しでも取り除ければと心がけています。 また、在宅で療養する患者様の飲み忘れや飲み間違いを防ぐため、朝食後に飲むお薬、昼食後に飲むお薬などが一目でわかるように、お薬を用法ごとに一包におまとめしたり、錠剤の服用が困難な陽であれば、粉砕して飲みやすく散剤にしたり等、患者様ひとりひとりの状況に合わせてお作りしております。(注:医師の指示が必要なものもあります。)

施設の在宅医療業務では薬剤師がお薬を施設へお届けし、服薬直前の状態まで準備させていただきます。 また薬剤師が往診に同行し、入居者様や施設看護師様と直接、お話させていただいて薬の専門家として入居者様の薬に対する不安や困っている事について解決いたします。

  • ・他科受診や他病院受診により処方されたお薬の管理、整理、飲み合わせのチェックをいたします。
  • ・長期処方などで施設様での管理が難しい場合、当薬局で保管管理をいたします。
  • ・風邪などの急な外来通院で早急に服薬の必要な場合はお届けいたします。

利用料

介護保険制度にて居宅療養管理指導料を算定している場合一か月に4回までを原則とする。1回1割負担352円 2割負担704円(介護認定を受けられていない方は在宅患者訪問薬剤管理指導料となり、医療保険での算定となりますので、1割負担で1回300円、3割負担で1回900円になります)

その他、薬剤料・調剤料等は医療保険対象と自己負担分があります。 また、医療保険外とされているもの(容器代等)は、別途請求させていただきます。